/

コインチェック、「匿名」含む4通貨の取り扱い停止

マネックスグループ傘下で仮想通貨交換会社のコインチェックは18日、取引履歴をたどることができない「匿名通貨」3つを含む計4通貨の取り扱いを6月18日を最後に停止すると発表した。これでコインチェックの取り扱い通貨は9種類に減る。

対象は匿名通貨の「モネロ」「ダッシュ」「Zキャッシュ」と「オーガー」と呼ぶ仮想通貨の計4通貨。6月18日時点でコインチェックが管理する4通貨は同日以降、日本円に換金して顧客の口座で管理される。

金融庁はマネーロンダリング(資金洗浄)に悪用されかねないとして、匿名通貨を問題視してきた。同社は仮想通貨交換業への登録を目指しており、取り扱い継続は難しいと判断したようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン