2018年9月24日(月)

アラブ連盟、米大使館の移転を批判 ガザ衝突で国際調査を要求

2018/5/18 9:50
保存
共有
印刷
その他

 【カイロ=飛田雅則】アラブ諸国・地域の協力機構、アラブ連盟は17日、エジプトのカイロで緊急の外相会合を開いた。エルサレムに在イスラエル大使館を移転した米国を批判。イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザで発生した抗議デモへの銃撃で60人以上が死亡したことについて、国連に調査委員会の設置を求めた。

 アラブ連盟のアブルゲイト事務局長は「大使館移転は明らかに国際法に違反している」と米国を批判した。アラブ諸国はエルサレムの帰属について、イスラエルとパレスチナの和平交渉で決めるとする立場をとる。

 パレスチナ自治政府の代表は「駐米大使を召還すべきだ」とアラブ諸国に求めた。ただ、この要求に応えた参加国があるか明らかになっていない。

 イスラエル軍によるガザのデモ隊への銃撃について、レバノン代表は国際刑事裁判所に調査を求める書簡を送ったと語った。一方、イスラエル側は、死者の大半はテロ組織と認定するイスラム原理主義組織ハマスのメンバーで平和的なデモではないとして、正当防衛を主張している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報