2018年5月23日(水)

プロ野球

広島・鈴木が決勝弾、中日戦の連敗止める

2018/5/17 23:34
保存
共有
印刷
その他

 鮮やかな一発だった。九回、先頭打者として打席に立った広島・鈴木は狙いをストレートに絞った。「(相手投手の中日・鈴木博は)速い真っすぐを持っている。力勝負」。初球、149キロが内角へ。迷わずバットを振り切ると打球は左中間スタンドに飛び込んだ。

9回、勝ち越し本塁打を放ち、玉木コーチ(左)とタッチする広島・鈴木(ナゴヤドーム)=共同

 鈴木博とは15日の対戦でも高めのつり球で空振り三振に終わるなど、ここ2回の対戦で2三振を喫している。追い込まれる前に先手必勝。パワー投手の常として、初球は真っすぐで攻めてくるとの読みもあった。

 名誉挽回の一打でもあった。2点を追う六回。田中の二塁打、菊池の内野安打で無死一、三塁として3番の松山が左中間に同点二塁打を放った。一気に攻勢をかけたい場面で鈴木に打順が回ってきたが、あえなく132キロのスライダーに空振り三振に倒れた。

 続くバティスタ、野間も凡打に倒れて同点止まり。反撃ムードに水を差したとの気持ちもあったのだろう。殊勲の一打にも「一発で仕留めることができたのは良かった」としながらも、「前の打席で打ちたかった」と喜びは控えめだった。

 とはいえ、5月3日以来の主砲の一撃でチームは中日戦の連敗を5でストップ。これには「4番の仕事をすることができた」と23歳も納得の表情だ。本来のパワフルな打撃の片りんを見せた一撃は昨年夏の右足首骨折からの完全復活が遠くないことを感じさせた。(馬場到)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

今季初登板で4年ぶりの完封勝利を挙げた中日・山井=共同

 亀の甲より年の功。往年の球威はなくても、積み重ねた経験を生かした駆け引きと緩急でのらりくらり……。5月10日に40歳になった中日・山井の今季初登板は、そんな一般的な「ベテラン投手像」を裏切る若々しさ …続き (22日 23:30)

4回オリックス2死満塁、吉田正が中前に2点打を放つ(22日、楽天生命パーク)=共同

 オリックスがともに今季最多の16安打10得点で快勝した。三回に吉田正の6号ソロで先制し、四回に若月の適時打と吉田正の2点適時打で3点を加え、その後も加点した。アルバースは8回無失点で6勝目。楽天は投 …続き (22日 22:01)

9回を三者凡退に抑え、移籍後初の完封勝利を挙げた巨人・山口俊(22日、宇都宮)=共同

 巨人は一回に岡本の内野ゴロで1点を先制し、三回に長野の2点適時打などで3点を加えるなど12安打で8点を挙げた。山口俊が11三振を奪うなど2安打に抑え2年ぶりの完封で4勝目。広島は今季2度目の零敗で連 …続き (22日 22:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]