2018年5月25日(金)

その他スポーツ

危険タックルの裏にあるもの 日大、監督責任免れず
編集委員 北川和徳

2018/5/17 22:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が犯した前代未聞のラフプレーは、日本の学生スポーツがこれから直面しそうな課題を露呈した。

 パスを終えたクオーターバック(QB)を約2秒後に背後からタックルするという言い訳できない故意の反則。日大側は傷害事件にもなりかねないこの行為を「監督やコーチが指示したものではない」と否定している。だが、具体的な指示がなかったとしても、問題の本質は変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子準々決勝 台湾戦のダブルスでプレーする高橋礼(左)、松友組(24日、バンコク)=共同

 【バンコク=共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第5日は24日、バンコクで準々決勝(3戦先勝方式)が行われ、日本は女子が台湾、男子がフランスをともに3 …続き (1:51)

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、関東学生連盟の1部リーグ所属チームの監督会が24日、東京都内で緊急会合を開き、今後の対応を協議した。日大の指導体制が現状のままでは秋季リーグでも試 …続き (24日 22:30)

日本―オランダ 第2セット、ポイントを奪われる日本(24日、豊田市総合体育館)=共同

 バレーボールのネーションズリーグ女子豊田大会最終日は24日、愛知県の豊田市総合体育館で1次リーグが行われ、世界ランキング6位の日本は同8位のオランダに0―3で敗れ、2勝4敗となった。オランダは5勝1 …続き (24日 22:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]