2019年1月22日(火)

その他スポーツ

危険タックルの裏にあるもの 日大、監督責任免れず
編集委員 北川和徳

2018/5/17 22:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が犯した前代未聞のラフプレーは、日本の学生スポーツがこれから直面しそうな課題を露呈した。

パスを終えたクオーターバック(QB)を約2秒後に背後からタックルするという言い訳できない故意の反則。日大側は傷害事件にもなりかねないこの行為を「監督やコーチが指示したものではない」と否定している。だが、具体的な指示がなかったとしても、問題の本質は変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子シングルス4回戦でプレーする錦織=共同

 どちらのファンにとっても、これほど心臓に悪い試合はそうない。今大会最長5時間5分の最後に待っていたのは錦織の奇跡といっていい逆転劇だ。
 この日はなかなかエンジンがかからなかった。カレノブスタの力強く …続き (8:39)

テニスの全豪オープンのシングルスで男女そろって8強入りした錦織圭と大坂なおみ(21日、メルボルン)=共同

 【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン第8日は21日、メルボルンで行われ、シングルス4回戦で男子の錦織圭と女子の大坂なおみ(以上日清食品)が勝ち、準々決勝に進んだ。四大大会のシングルスで日本の男女 …続き (21日 23:18)

 桜田義孝五輪相と森田健作千葉県知事は21日、東京五輪のサーフィン会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸を視察した。現地では波の高さや砂浜の様子を確認したほか、大会時に仮設施設を設けるエリアの造成状況をチ …続き (21日 22:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]