2018年5月23日(水)

その他スポーツ

危険タックルの裏にあるもの 日大、監督責任免れず
編集委員 北川和徳

2018/5/17 22:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が犯した前代未聞のラフプレーは、日本の学生スポーツがこれから直面しそうな課題を露呈した。

 パスを終えたクオーターバック(QB)を約2秒後に背後からタックルするという言い訳できない故意の反則。日大側は傷害事件にもなりかねないこの行為を「監督やコーチが指示したものではない」と否定している。だが、具体的な指示がなかったとしても、問題の本質は変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

インド戦のシングルスでプレーする山口茜(23日、バンコク)=共同

 【バンコク=共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第4日は23日、バンコクで1次リーグ最終戦が行われ、既に準々決勝(3戦先勝方式)進出を決めている日本の …続き (20:56)

男子で4回戦に進出した村上舜(23日、釣ケ崎海岸)=共同

 サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)一宮千葉オープンは23日、2020年東京五輪の会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で男子の3回戦が行われ、一昨年に国内開催の …続き (19:33)

 日本大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大は24日にも詳細な経緯などについて関学大に再回答する。指導者からの「1プレー目で相手のクオーター …続き (18:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]