2018年8月19日(日)

その他スポーツ

危険タックルの裏にあるもの 日大、監督責任免れず
編集委員 北川和徳

2018/5/17 22:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が犯した前代未聞のラフプレーは、日本の学生スポーツがこれから直面しそうな課題を露呈した。

 パスを終えたクオーターバック(QB)を約2秒後に背後からタックルするという言い訳できない故意の反則。日大側は傷害事件にもなりかねないこの行為を「監督やコーチが指示したものではない」と否定している。だが、具体的な指示がなかったとしても、問題の本質は変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

公式練習で調整する池江=共同

 19日から競技が始まる競泳陣が18日、本番会場で練習を行った。女子のエース、池江璃花子(ルネサンス)は「すごい気持ちが入っている。楽しみながらレースに集中したい」と抱負を述べた。
 ジャカルタでの練習 …続き (0:22)

アジア大会の開会式で入場行進する日本選手団(18日、ジャカルタ)=石井理恵撮影

 史上最大の選手団を編成した日本は、今大会を東京五輪の前哨戦と位置づけて臨む。日本オリンピック委員会(JOC)は2年後の目標に「金メダル30個」を掲げており、五輪の中間年に行われるアジア大会は強化の進 …続き (0:19)

練習で笑顔を見せる桃田賢斗(18日、ジャカルタ)=共同

 【ジャカルタ=共同】ジャカルタ・アジア大会のバドミントン日本代表で世界選手権男子シングルス覇者の桃田賢斗(NTT東日本)が18日、ジャカルタの本番会場で最終調整し「ライトの強さと風をチェックしながら …続き (18日 19:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]