東和銀、ミツバ本社で商談会 中小企業が事業紹介

2018/5/17 22:15
保存
共有
印刷
その他

東和銀行は17日、自動車部品大手のミツバ本社(群馬県桐生市)で、同社と中小企業とのビジネスマッチングを目的とした商談会を開いた。群馬や埼玉、東京の中小企業25社と群馬県産業支援機構など3団体が参加した。自動車部品に関する新技術など、ミツバが提示したニーズを解決する製品やサービスを各社が紹介した。

今回の商談会はミツバが30を超えるニーズを東和銀に提示。2~3月にかけて東和銀が取引先を対象に参加企業を公募した。参加企業は自社の製品や部品を展示ブースで紹介した。当日は面談用のブースも設け、参加企業とミツバ社員との個別商談会も実施した。

東和銀が県内企業と中小とのマッチングを目的とした商談会を開くのは初めて。17年にはアイリスオーヤマ(仙台市)や健康機器大手のタニタと組み、中小向けの商談会を開いた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]