/

シャープ、19年度採用計画は320人 理系を強化

シャープは2019年4月入社の新卒、第二新卒を対象とした採用活動で、ビジネス職と技術職あわせて320人を採用する計画だ。前年の実績より8人増やす。好調な業績を背景に技術職の人数を増やし、成長の柱としている人工知能(AI)とIoTを組み合わせた戦略「AIoT」や8Kテレビなどの事業に向けて人材を育てる。

技術職で260人(前年実績は254人)、ビジネス職で60人(同58人)の採用をめざす。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で再建が始まって間もない17年4月入社と比べると、2.3倍に増える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン