/

メニコン子会社、カード情報流出 668万円不正使用

コンタクトレンズ大手のメニコン(名古屋市)は17日、子会社の通販サイトが外部から不正アクセスを受け、最大約3400件の顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。2日時点で27件、計約668万円分のカードの不正使用が確認された。警視庁に被害を相談している。

メニコンによると、子会社「ダブリュ・アイ・システム」(東京・豊島)が運営する通販サイト「A-Web倶楽部」に対し、システムの脆弱性を突いた不正アクセスがあった。2017年12月17日~18年3月27日に同サイトで決済をした顧客のカード番号や有効期限など最大約3400件の情報が流出した可能性がある。

3月にカード会社から不正使用の可能性について指摘があり、メニコンが第三者機関に調査を依頼。5月2日にカード情報の流出や27件の不正利用が判明した。流出のあったサイトは現在、閉鎖されている。他の子会社が運営する通販サイトに対する不正アクセスは確認されていない。

メニコンは「ご迷惑をかけて誠に申し訳ない。システムのセキュリティー体制を強化し、再発防止に努める」とコメント。情報が流出した可能性のある顧客にはメールなどで連絡し、身に覚えのない請求があった場合はカード会社に連絡するよう呼び掛けている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン