2018年8月17日(金)

自工会会長にトヨタ社長就任 自動車税制「簡素化を」

2018/5/17 17:55
保存
共有
印刷
その他

 日本自動車工業会は17日に開いた理事会でトヨタ自動車の豊田章男社長を会長に選任した。任期は2年で、2012~14年以来の2度目の就任となる。定例会見で豊田会長は北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しなど、保護主義の高まりに「不透明さが増している」との認識を示し、「建設的な議論が生まれ、緊密な連携が生まれることを期待する」と述べた。

 19年10月の消費税率の引き上げに伴い自動車税制も見直される予定だが「制度の簡素化、お客様の負担軽減に取り組む」と自工会として引き続き政府に働き掛ける考えを示した。国内市場は少子高齢化やシェアリングの普及などで低迷する傾向にあるが「国内で一定の生産台数があるから先進的な挑戦ができる」と話し、国内市場の活性化に力を入れる。

 自動車業界は「電動化や自動化、コネクティッド、人工知能(AI)などで異業種も巻き込んだ変革期」といい、「オールジャパンで難局を乗り越えていきたい」と強調。19年の東京モーターショーは「世界一のテクノロジーショーにする場にしていく」との意欲も示した。自工会の会長職はトヨタ、ホンダ日産自動車で2年ごとに各社の首脳が務めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報