2018年8月20日(月)

近畿整備局など北陸豪雪受け合同訓練 行動計画共有へ

2018/5/17 17:49
保存
共有
印刷
その他

 国土交通省で福井県の国道を管理する近畿地方整備局は17日、北陸の2月の記録的豪雪を受けた第2回の対策会議を福井市で開き、降雪シーズンに備えて11月上旬までに道路管理者などと共同で対策訓練を開く方針を示した。今夏をメドに訓練のベースとなる降雪の程度に応じた共通の行動計画を策定する。

 対策会議メンバーの北陸地方整備局や中日本高速道路、福井県や石川県、気象庁などが訓練に参加する見込みだ。従来は地方整備局ごとに訓練していたが、2月の豪雪では福井と石川の県境で立ち往生が発生したことを踏まえ、共同での実施を検討する。

 橋本雅道委員長(近畿地方整備局道路部長)は記者団の取材に「これまでは共通の行動計画がなかった。効率的な除雪や交通量を抑制するための迂回の呼びかけが必要」と話した。

 対策会議は国道8号が冬季に幹線道路機能を維持するためのソフト・ハード両面の対策をまとめることが目的だ。国交省が北陸を襲った豪雪などを受け、5月16日に発表した冬季の道路交通確保対策への提言に基づいて策定する。

 17日の会議では除雪機の増強や配置の見直し、通行規制時の車両待機スペースの確保などが取り組みの案としてあげられた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報