2019年1月21日(月)

その他スポーツ

関学大監督「日大監督は被害選手に謝罪を」
アメフト悪質反則で

2018/5/17 17:36
保存
共有
印刷
その他

アメリカンフットボールの定期戦で日本大の選手が関西学院大の選手に悪質な反則行為をした問題で、関学大アメフト部は17日、兵庫県西宮市内の同大学で記者会見し、抗議文書で求めた日大の内田正人監督からの直接の謝罪がないことに、関学大の鳥内秀晃監督は「まず(けがをした)学生と保護者に謝罪すべきだ」と不満を示した。

定期戦での日本大の反則行為について記者会見する関西学院大アメフト部の鳥内秀晃監督(17日午後、兵庫県西宮市)

定期戦での日本大の反則行為について記者会見する関西学院大アメフト部の鳥内秀晃監督(17日午後、兵庫県西宮市)

会見では15日に日大から受け取った抗議文書に対する回答書を公表した。反則をした選手が内田監督の指示に従ったという趣旨の話をしていることが明らかになっているが、回答書では「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」と監督による指示を否定。その上で反則行為をするに至った経緯の確認を続けており、24日をめどに再回答するとした。

日大選手は、パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大選手に背後からタックルして負傷退場させ、その後もラフプレーを繰り返して資格没収(退場)となった。鳥内監督は「私なら(最初の反則行為で)ベンチに下げる」と、プレーを続けさせた内田監督の姿勢を問題視。「あのプレーは非常に悪質。それを認めるとスポーツではなくなってしまう」と憤った。

関学大の小野宏ディレクターは「今の両チームは決定的に信頼関係が崩壊している」と話し、日大や関東学生連盟による真相究明を要求。「そこで納得がいかない限り、この問題は解決しない」と述べた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子シングルスで準々決勝進出を決め、ガッツポーズするナダル=共同

 右膝の故障から4カ月ぶりに復帰したナダルが不安を吹き飛ばす強さを見せている。地元オーストラリアの期待の若手を一蹴した3回戦に続き、この日の4回戦でも元世界ランキング4位のベルディハを寄せ付けず。4戦 …続き (1:30)

男子シングルスで優勝した水谷隼=共同

 波乱が相次いだ大会で前人未到の大記録を打ち立てた。10度目の優勝の感慨を、水谷はしみじみと語った。「1回優勝するだけでも大変なのに。自分を褒めてあげたい」
 13年連続の決勝の舞台。対峙した相手は昨年 …続き (1:00)

 ハンドボール男子の世界選手権は20日、コペンハーゲンなどで行われ、日本は23、24位決定戦でアンゴラに29―32で敗れ、7連敗で今大会を最下位の24位で終えた。〔共同〕
…続き (0:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]