2019年7月24日(水)

粉粒技術のパウレック、兵庫・伊丹市に新研究施設 約25億円投資

2018/5/17 21:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

粉体処理装置を手がけるパウレック(兵庫県伊丹市)は約25億円を投じて伊丹市内に研究施設を新設し、本社機能も移転する。同市内と埼玉県吉川市にある研究機能を統合し、粉粒体研究では国内最大規模の施設を整備する。薬品や電池などのメーカーが試作品を持ち込んでデータ収集できる能力を年600回と従来から倍増させ、粉粒体加工装置の受注につなげる。

新本社兼研究施設は5階建てで延べ床面積は約9000平方メートル。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。