/

新元号公表、改元1カ月前を想定 政府

政府は17日、2019年5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴う新元号の公表時期について、改元の1カ月前を想定するとの方針を決めた。税金や社会保障などの情報システム改修を混乱なく進めるには1カ月程度が必要だと判断した。即位と元号公表の時期が離れないことで祝賀ムードが続く効果もある。

17日に開いた「新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」の初会合で決めた。会議では、元号公表の1カ月前を想定し、各省庁が管理する情報システムの改修を進める方針を確認。改元前にすべての改修を終えることを目指し、民間事業者や地方自治体などと連携する。

公表時期が定まったことで天皇陛下の退位、新天皇の即位に向けた日程の大枠が固まった。天皇陛下の在位30年記念式典は19年2月24日とする。新元号の公表は4月1日ごろになるとみられ、陛下が最後のお言葉を述べる「退位礼正殿の儀」は4月30日に開く。

政府が公表時期を改元1カ月前を想定するのは、陛下への配慮もある。政府・与党内では2月24日の式典より前に発表すると「世の中の関心が新天皇に向かい、今の天皇陛下を軽んじることになりかねない」との懸念が強まっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン