2018年10月22日(月)

香港メディア 締め付け強まる 暴行や連行、報道の自由度も最低に

2018/5/17 16:27
保存
共有
印刷
その他

【香港=木原雄士】中国本土で香港メディアへの締め付けが強まっている。四川省で取材中のテレビ局記者が見知らぬ男から暴行を受けたほか、北京市ではカメラマンが警察当局に手錠をかけられて連行された。香港記者協会は声明を出して抗議した。香港市民が評価する「報道の自由度」は、調査を始めた2013年以来で最低の水準に落ち込んだ。

香港メディアによると、四川大地震の発生10年の取材をしていた香港ケーブルテレビの記者が12日に地元住民を名乗る男から暴行を受けた。

別のテレビ局「Now TV」のカメラマンは16日、北京で人権派弁護士を取材していたところ、警察当局に連行された。テレビ映像によると、警察官がカメラマンを地面に押さえつけ、手錠をかけて無理やり連れ去る様子がうかがえる。いずれも原因は分かっていない。

香港記者協会は「報道の自由への圧力に憤りを覚え、中国当局に強く抗議する」との声明を出した。協会の調査によると、香港のジャーナリストの7割がこの1年で報道の自由をめぐる環境が悪化したと回答した。

実際、17年には香港のテレビ放送が突然、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の演説に切り替わったり、大手紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが習氏に関するコラムを撤回したりする騒動があった。

香港市民はメディアの自由な報道が少しずつ難しくなっていると感じている。調査では中国政府、大物経済人、香港政府という3つの項目すべてで「メディアは批判をためらっている」との見方が強まった。自由な気風で知られる香港メディアにも忖度(そんたく)の影が見え隠れする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報