2018年9月23日(日)

内戦の記憶を守れ レバノン建築家の戦い (グローバルViews)
ベイルート 岐部秀光

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
2018/5/23 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 1975年から90年にかけて泥沼の内戦を経験したレバノン。首都ベイルートにはいまも当時の戦いの傷痕が残る。中心部のダマスカス通りに鮮やかな黄土色の威容をほこる建物「ベイト・ベイルート(ベイルートの家)」もそのひとつだ。これを内戦の記憶として残そうとたたかう一人の女性建築家がいる。

 モナ・ハラクさん(50)は内戦後、故郷ベイルートに戻った時、焼け跡とがれきが広がるなかに、そびえる美しい建物を目にし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報