2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,892,520億円
  • 東証2部 72,893億円
  • ジャスダック 86,656億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.93倍13.04倍
株式益回り7.72%7.66%
配当利回り1.96% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

東証2部、まるで「東芝市場」(市場点描)

2018/5/17 16:41
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所第2部の予想PER(株価収益率)に混乱が生じている。16日時点で6.30倍と前日の9.96倍から急低下した。原因は15日の決算発表で2019年3月期の純利益が1兆700億円と前期から2600億円以上増えると発表した東芝。1社で2部企業の純利益の4割を占める「巨鯨」が投資のモノサシを揺さぶっている。

東芝本社(東京都港区)

2017年8月に東芝が東証1部から2部に降格して以降、2部のPERが急変動するのは4度目。すべて東芝の決算発表が原因だ。1度目は昨年8月上旬で、17倍台から13倍台に下がった。逆に昨年10月は14倍台から25倍台まで急上昇した。

東証2部の時価総額は現在約9兆8000億円で、東芝(約1兆9000億円)が約2割を占める。東証2部株価指数への影響度は大きく、東芝の値動きに指数が引っ張られる局面がめだつ。

東証2部は債務超過に陥ったシャープが16年8月から17年12月まで登録され「あまりに大きな銘柄が加わるのはいかがなものか」(国内証券)との声も出ている。先物や上場投資信託(ETF)もなく機関投資家の売買も限定的。東芝に振らされる状態が長引けば、市場の存在感がさらに低下してしまう。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム