2018年10月21日(日)

マイゴルフ

フォローする

ドライバーショット、小鯛竜也プロが映像で解説

2018/5/17 16:00
保存
共有
印刷
その他

ドライバーはボール位置が一番左。インパクトではヘッドがスイングの最下点を越えちょっとアッパーめ、円軌道だからフェースはかぶり気味で入る。そうすればヘッドスピードが上がり、ボールもつかまっていいフェードが出る。上から打ち込むとサイドスピンが入って曲がりやすくなる。アッパーめに、オーバースピンをかけるイメージで打てば、曲がりが少なくなる。

アマチュアには、ボールを真ん中に置き、右に体重が残ってパワーが伝わっていない人が目につく。僕の中では、左に体重を乗せながら、なおかつアッパーで当たるのが一番飛距離が出る。それが飛ばしのコツか。左に乗る量が少ないと、その分ボールをこすったり、上体が間に合わないと思ってフェースがかぶり過ぎたり、ミスが出やすくなる。

昨季のフェアウエーキープ率は46.55%(93位)。結構曲がるほうだったが、体の動きが良くなり、曲がり幅が少なくなった。以前は「左ラフから打ち出して右ラフに入れとったな」と言われていた谷口徹さんに、オフの宮崎合宿では「フェアウエーの幅で打ててるな」と褒められた。

飛距離アップにはスイングを安定させることも大事だが、まずは体力強化、トレーニング。体が強くなって動きも良くなれば、ヘッドスピードが上がり、安定してボールをとらえられるはずだ。ドライバーはシャフトが長いため振り遅れやすい。リズムをゆっくり、ヘッドを待って走らせないと飛距離は出ない。ヘッドを意識し、飛ばしたいときほど、いつもよりリズムをゆっくりすることが大切だ。

年齢を重ねると1ヤード遠くへ伸ばすのも楽ではないが「飛ばなくなった」は禁句。70歳を超えても飛距離を求め、シャフトやクラブを替えたりする人は飛ぶ。「飛ばしたい」という気持ちをずっと持ち続けてもらいたい。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

マイゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
小学生の時から自宅屋上でほぼ毎日練習した=西本政明撮影

 父・邦夫がゴルフ好きで、東京・板橋の自宅屋上に「鳥かご」練習場をつくった。見よう見まねでプラスチック製のクラブを握ったのが3歳。5歳頃には大人用のクラブを短く切ってもらい、球遊びに興じていた。父が撮 …続き (10/19)

応援をくれるファンも私のチーム

 昨年ツアー初勝利を挙げ、25歳となって今季を迎えるにあたり、大西翔太コーチからある記事のコピーを渡された。二刀流の大リーガー、大谷翔平選手が高校時代に書いたという目標達成シートの記事だった。
 正方形 …続き (10/12)

コースメモの情報がすべてではない

 ゴルフのスイングでよくいわれる「脇を締めて」。これを右肘が体にくっついている状態と勘違いする人がいるかもしれない。バックスイングで脇を締めるというのは、右肘が地面の方向を向いたままの状態をキープする …続き (10/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]