2018年5月26日(土)

マイゴルフ

フォローする

ドライバーショット、小鯛竜也プロが映像で解説

2018/5/17 16:00
保存
共有
印刷
その他

 ドライバーはボール位置が一番左。インパクトではヘッドがスイングの最下点を越えちょっとアッパーめ、円軌道だからフェースはかぶり気味で入る。そうすればヘッドスピードが上がり、ボールもつかまっていいフェードが出る。上から打ち込むとサイドスピンが入って曲がりやすくなる。アッパーめに、オーバースピンをかけるイメージで打てば、曲がりが少なくなる。

 アマチュアには、ボールを真ん中に置き、右に体重が残ってパワーが伝わっていない人が目につく。僕の中では、左に体重を乗せながら、なおかつアッパーで当たるのが一番飛距離が出る。それが飛ばしのコツか。左に乗る量が少ないと、その分ボールをこすったり、上体が間に合わないと思ってフェースがかぶり過ぎたり、ミスが出やすくなる。

 昨季のフェアウエーキープ率は46.55%(93位)。結構曲がるほうだったが、体の動きが良くなり、曲がり幅が少なくなった。以前は「左ラフから打ち出して右ラフに入れとったな」と言われていた谷口徹さんに、オフの宮崎合宿では「フェアウエーの幅で打ててるな」と褒められた。

 飛距離アップにはスイングを安定させることも大事だが、まずは体力強化、トレーニング。体が強くなって動きも良くなれば、ヘッドスピードが上がり、安定してボールをとらえられるはずだ。ドライバーはシャフトが長いため振り遅れやすい。リズムをゆっくり、ヘッドを待って走らせないと飛距離は出ない。ヘッドを意識し、飛ばしたいときほど、いつもよりリズムをゆっくりすることが大切だ。

 年齢を重ねると1ヤード遠くへ伸ばすのも楽ではないが「飛ばなくなった」は禁句。70歳を超えても飛距離を求め、シャフトやクラブを替えたりする人は飛ぶ。「飛ばしたい」という気持ちをずっと持ち続けてもらいたい。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

マイゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする
基本的にウッドもアイアンも同じように払い打つ感覚で振っている

 ドライバー以外のウッド系クラブは3番ウッド(スプーン)と5番ウッド(クリーク)代わりの2番ユーティリティー(UT)の2本。アイアンは3番から入れている。昨年まで2番アイアンだったが、今季から飛距離が …続き (5/25)

 ドライバーはボール位置が一番左。インパクトではヘッドがスイングの最下点を越えちょっとアッパーめ、円軌道だからフェースはかぶり気味で入る。そうすればヘッドスピードが上がり、ボールもつかまっていいフェー …続き (5/17)

素振りもフィニッシュから始まる

 リズムは「イチ、ニ」の2拍子。ドライバーショットもアプローチも基本的には同じで、振り子のイメージだ。僕はスイングを極力、形で考えないようにしている。谷川コーチにスイングを見てもらうときも、リズムのチ …続き (5/11)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]