/

京都・嵐山の竹に落書き 外国語で約100本

京都・嵐山で京都市が所有する竹林の竹が刃物のようなもので彫られ、アルファベットやハングルなどで落書きされていたことが17日、同市への取材で分かった。竹林を管理している会社によると、傷つけられたのは約100本。

落書きされた竹(17日午後、京都・嵐山)=共同

被害に遭った竹が見つかったのは「竹林の散策路」と呼ばれるルートで、落書きは名前などとみられる。市によると、落書きされた竹は今年4月以降、急激に増えた。

嵐山には「竹林の小径」や渡月橋などがあり、観光名所として知られる。

市の担当者は「竹林の景観を楽しみにしている観光客も多く残念だ。旅行の記念でやったのかもしれないが、今後はやめてほしい」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン