/

千葉・成田ではしか感染 今月来日の比国籍男性

千葉県は17日までに、フィリピン国籍で同県成田市に住む20代の男性会社員がはしかに感染したと発表した。県疾病対策課によると、同県での感染確認は今年初めて。

男性は5月1日に来日、成田空港から入国した。12日に発熱し、14日に成田市内の診療所を受診、15日にはしかと診断された。男性は快方に向かっており、現時点で周囲に発症している人もいないという。

ウイルスの遺伝子型がフィリピンで流行しているものと一致しており、県は同国で感染した可能性があるとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン