/

山手線に防犯カメラ、19日から

JR東日本は17日、防犯カメラを搭載した山手線の車両を報道向けに公開した。19日からカメラ搭載車両を投入する。

JR山手線E235系の車両内に設置された防犯カメラ(17日午前、東京都品川区)

防犯カメラの設置場所はドアの上部。片側に2台ずつの計4台を1両ごとに取り付ける。17年5月から順次投入している新型車両「E235系」が対象で、2020年春までに550両(50編成分)に備え付ける。

防犯カメラ導入は痴漢などの迷惑行為防止が主な目的。20年の東京五輪・パラリンピックを控え、テロ対策にも役立てるという。

運輸車両部の照井英之担当部長は「撮影データの取り扱いには細心の注意を払う。お客様に安心してご利用していただくため、理解していただきたい」としている。

JR東は18年度以降に投入する全ての電車に防犯カメラを設置する方針を発表しており、埼京線ではすでに10年から導入している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン