2018年10月24日(水)

利休の故郷で茶の湯条例 堺市、おもてなしで振興

2018/5/17 9:22
保存
共有
印刷
その他

堺市は16日、地元出身で心の内を大切にする「わび茶」を大成した千利休の、おもてなし精神を盛り込んだ「堺茶の湯まちづくり条例」を制定する方針を明らかにした。利休のふるさとをアピールし、観光や教育の振興につなげたい考え。

8月の市議会定例会に条例案を提出し、2018年度中の施行を目指す。市ではすでに小中学校でお茶の授業があるほか、市役所では来訪者に無料でお茶を振る舞うイベントを不定期で開催している。

竹山修身市長は会見で「訪れた人におもてなしの心でお茶を出すことで、ほっこりとした気分になってもらいたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報