2018年10月21日(日)

米メーシーズ8割増益 2~4月、宝飾品など好調

2018/5/17 3:36 (2018/5/17 9:36更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米百貨店最大手メーシーズが16日発表した2~4月期決算は、純利益が前年同期比78%増の1億3900万ドル(約153億円)に拡大した。宝飾品や靴などの販売が好調だったほか、セールの前倒しで既存店売上高が4.2%伸びた。不採算店舗の閉鎖や品ぞろえの見直しなど、これまでに進めてきたリストラの効果も出始めた。

メーシーズは、宝飾品や靴などの販売が好調だった=AP

売上高は4%増の55億4100万ドルだった。ジェフ・ジュネット最高経営責任者(CEO)は「地域まんべんなく消費活動は堅調で、海外旅行客の支出も顕著に改善した」と述べた。ただ、昨年は5~7月期に実施していた特別販促セールを前倒しで開催したことが売り上げ増の主因との指摘もある。

メーシーズは今後も堅調な消費が見込めるとの判断から、2019年1月期通期の1株利益について、従来予想より0.20ドル高い3.75ドル~3.95ドルの範囲に上方修正した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報