2018年9月21日(金)

アラブ連盟、パレスチナ支援継続を表明 大使級会合

2018/5/16 21:56
保存
共有
印刷
その他

 【カイロ=飛田雅則】アラブ諸国・地域の協力機構、アラブ連盟は16日、エジプトのカイロで大使級の緊急会合を開いた。米国がエルサレムに移転した大使館問題では米国やイスラエルへの非難で一致。パレスチナの支援継続を表明した。17日には外相級会合を開く予定だ。

 アラブ諸国はエルサレムの帰属について、和平交渉で決めるとする立場だ。米国による大使館の移転について、「国際法違反だ」などとの批判が上がった。イスラエル軍と、パレスチナ自治区ガザのデモ隊が衝突し14、15日に60人以上が死亡。サウジアラビアの大使は「アラブ諸国はパレスチナを政治的、経済的に支援し続ける」と語った。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報