/

この記事は会員限定です

三生医薬が新工場、ソフトカプセル効率生産 海外拡販

[有料会員限定]

健康食品などに使われるソフトカプセル製造で国内最大手の三生(さんしょう)医薬(静岡県富士市)は17日、静岡県富士宮市の南陵工場を稼働する。年間30億粒を生産し、生産能力を5割、生産性を3割高める。人手不足に対応した工夫を随所に取り入れた。ファンド傘下での海外事業の本格展開に向けて、基幹拠点と位置づける。

16日までに完成した。投資額は約70億円。延べ床面積は1万700平方メートル。三生医薬によると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン