2018年5月27日(日)

千葉大・東京東信金、中小企業支援で連携

南関東・静岡
2018/5/16 23:00
保存
共有
印刷
その他

 千葉大学と東京東信用金庫(東京・墨田)は16日、ものづくりや人材育成に関する包括連携協定を交わした。千葉大がデザインや建築の新たな教育拠点として「墨田キャンパス」を2021年に開設するのに合わせ、大学の研究成果や知識を地元の中小企業が活用しやすい体制を整える。

 千葉大の徳久剛史学長は都内で開いた締結式で「デザインや建築を実践的に研究し、教育するうえで地元企業や地域との連携が重要だ」と述べた。東京東信金の相野隆理事長は千葉大と地元中小企業とのマッチングを通じ「墨田区は『ものづくりの街』として再び発展できる」との期待感を示した。

 具体的な連携策は今後詰める。まずは千葉大の研究成果を必要とする地元企業を発掘し、新たな製品開発の可能性を探りたい考えだ。将来はデザインや建築に加えて、医療や看護、理工系の分野での連携も視野に入れている。

 21年4月に開設する千葉大の新キャンパスには「デザイン・建築スクール」を設置し、演習や実践主体の教育プログラムを展開する。徳久学長は「デザインや建築を学ぶうえで『東京』そのものが格好の見本になる」と期待を寄せる。東京東信金も新キャンパスを活用した地域活性化策を検討するプロジェクトチームを2月に設置するなど、受け入れの準備を進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報