トルコ経済にエルドアンリスク 中銀統制を示唆、市場の標的に

2018/5/16 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】6月24日に大統領選と国会議員選を控えるトルコで、再選を目指すエルドアン大統領の言動が経済の大きなリスクとなっている。勝利すれば中央銀行への統制を強める考えを示唆。投資家の不安を招き、通貨リラは下げ足を速めた。米長期金利の上昇を背景に新興国からマネーが流出しやすい状況で、市場が揺らいでいる。

「中央銀行に独立性はあるが、大統領の指図を無視してよいわけではない」。エルド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]