/

食品大手6社、19年1月から九州で共同物流

味の素カゴメなど国内食品大手6社は16日、九州での常温製品の共同配送を来年1月から順次始めると発表した。6社が持つ3カ所の配送拠点も新拠点に集約し、配送回数削減につなげる。6社はすでに北海道で共同配送の取り組みを始めている。トラック運転手不足などが深刻化していることから、持続的な食品物流に連携して取り組むことにした。

新たな配送拠点は福岡市に用意する計画で、倉庫会社から借り受ける。拠点に6社の常温製品を在庫しておき、そこから食品の卸売会社や食品スーパーの配送センターに納品する仕組みだ。倉庫は無人フォークリフトや荷さばきロボットアームなど自動化も進めて、人手不足にも対応できるようにするとしている。

北海道での共同配送により、配送回数が2割弱削減できたという。味の素など5社は全国規模での物流会社を来年4月に発足させる方針を打ち出すなど、持続的な食品物流システムの構築を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン