2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,835億円
  • 東証2部 73,151億円
  • ジャスダック 86,214億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.97倍13.07倍
株式益回り7.70%7.64%
配当利回り1.96% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

自社株買いブームに死角 市場は実行や継続性見定め
証券部 須永太一朗

2018/5/16 17:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日の東京株式市場では日経平均株価が続落する中、個別銘柄では自社株買いを発表した企業の株価の堅調さがめだった。今年は通信大手など常連組に加え、三井住友フィナンシャルグループなど初めて実施する企業が相次ぎ、市場も素直に買いで反応している。ただ一過性の取り組みでは株高効果も限定的。その実行性と継続性がカギを握る。

この日は第一生命ホールディングスが一時3%高、T&Dホールディングスも同4%上げた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム