2018年8月19日(日)

8/19 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「孤客」消費が止まらない[有料会員限定]
  2. 2位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  3. 3位: 中国国有企業、ROE10年で半分 規模拡大も質伴わず[有料会員限定]
  4. 4位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  5. 5位: 米SEC、四半期開示「見直し」調査認める[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,389,427億円
  • 東証2部 95,293億円
  • ジャスダック 100,273億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.18倍14.47倍
株式益回り7.05%6.90%
配当利回り1.72% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

スクランブル

フォローする

自社株買いブームに死角 市場は実行や継続性見定め
証券部 須永太一朗

2018/5/16 17:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 16日の東京株式市場では日経平均株価が続落する中、個別銘柄では自社株買いを発表した企業の株価の堅調さがめだった。今年は通信大手など常連組に加え、三井住友フィナンシャルグループなど初めて実施する企業が相次ぎ、市場も素直に買いで反応している。ただ一過性の取り組みでは株高効果も限定的。その実行性と継続性がカギを握る。

 この日は第一生命ホールディングスが一時3%高、T&Dホールディングスも同4%上げた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム