/

この記事は会員限定です

「ホットスポット巡回」で子供守れ 危険エリア重点化

[有料会員限定]

新潟市で起きた小2女児殺害事件は、登下校中の児童を犯罪から守る難しさを改めて示した。見守り活動に取り組む地域は増えているが、限られた人数で校区全域に目を光らせるのは困難だ。そうした中、注目を集めているのが「ホットスポット・パトロール」。事件が起きそうな場所を重点的に見回り、犯罪の抑止につなげる試みが広がりつつある。

「お帰りなさい。気をつけて帰るんだよ」。15日午後3時すぎ、神奈川県藤沢市の「湘南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン