2018年5月28日(月)

5/28 10:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,669,086億円
  • 東証2部 99,348億円
  • ジャスダック 113,613億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.84倍15.28倍
株式益回り6.73%6.54%
配当利回り1.60% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.69 -0.10
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,450 +10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

金融商品向け日経アジア300指数、初の銘柄入れ替え
17銘柄を新規採用

中国・台湾
朝鮮半島
東南アジア
南西ア・オセアニア
2018/5/16 18:30
保存
共有
印刷
その他

 日本経済新聞社は6月1日、成長するアジアの上場企業300社を対象にした株価指数「日経アジア300インベスタブル指数」の構成銘柄を入れ替える。今回は2017年12月の算出開始以降、初の入れ替えで、今後も毎年6月に見直す。

 今回採用するのは香港の不動産大手、長江実業集団やインド鉄鋼大手のJSWスチールなど17銘柄。一方、インド通信大手のアイデア・セルラーなど15銘柄を除外する。

 持ち株会社化などで上場廃止となった銘柄があったため、16日時点は構成銘柄数が298だが、今回の入れ替えで300に戻る。入れ替えの詳細は日経のアジア指数公式サイト、日経アジア指数プロフィルに掲載する。

 インベスタブル指数はアジア10カ国・地域の上場企業から時価総額や売買代金、売上高の伸び率、浮動株比率などのデータに基づいて選んだ銘柄で構成している。日経が選んだ有力企業群「Asia300」の考え方を踏まえながら、株式市場で流動性の低い銘柄を除外し、連動する投資信託など金融商品をつくりやすくした。現在までに運用会社4社が7本の関連投信を設定している。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム