2018年12月16日(日)

財務省文書、公表遅れに野党に反発

2018/5/16 22:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の森山裕、立憲民主党の辻元清美両国会対策委員長は16日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する公文書改ざん問題を巡り協議した。辻元氏は財務省が改ざん前の文書を当初の予定から遅れて23日に公表する方針について「認められない」と反発した。改ざん前文書の公表は大型連休前に審議拒否した野党が審議復帰の条件にしていた。

辻元氏は来週、衆院予算委員会の集中審議の開くことも要求した。学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、愛媛県の中村時広知事の参考人質疑を開いてほしいと求めたが、森山氏はいずれも応じなかった。

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は16日に都内で会談し、改ざん前の文書の公表は23日とする方針を確認した。会談に同席した森山氏は記者団に「大量の資料で18日は無理がある。23日朝まで(の提出)になった」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報