2019年1月21日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,963,547億円
  • 東証2部 73,303億円
  • ジャスダック 87,736億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率13.09倍13.30倍
株式益回り7.63%7.51%
配当利回り1.94% 2.02%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

MSCIの基準変更で波紋(市場点描)

2018/5/16 14:13
保存
共有
印刷
その他

米MSCIが日本時間15日に発表した主要株価指数の銘柄入れ替えや組み入れ比率の変更が、株式市場で波紋を呼んでいる。指数の組み入れ比率に影響する浮動株の定義が変わり、株価が変動する銘柄が目立つ。

変わったのは生損保の保有株の扱い。従来は発行済み株式の5%超を保有していると固定株扱いだったが、これが2%超に下がった。生損保比率が高い銘柄は指数の組み入れ比率が下がり、パッシブ(指数連動)投資家に売られる要因になる。

基準の変更自体は発表済みで、MSCIは2月に新基準を考慮した暫定的な組み入れ比率も公表していた。だが「暫定値との差が大きい銘柄もあり、改めて売買の材料になっている」(みずほ証券の永吉勇人氏)。

16日は差が大きい大正製薬ホールディングスが買われ、テーオーシー東映アニメーションが売られた。1日だけで織り込みきれない銘柄もあり、影響は続きそうだ。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム