/

この記事は会員限定です

「もぐもぐイチゴ」の流出、中国でも懸念

(グローバルViews)

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

平昌五輪での女子カーリング日本代表の「もぐもぐタイム」で、選手が「おいしかった」と喜んだイチゴが韓国産だったことは複雑な反響を呼んだ。日本から流出した品種がもとになったとされるイチゴだったからだ。選手たちの活躍とは別に農産物の知財保護に注目が集まったが、中国でも似たようなことが起きかねないと思わせる事件が最近発覚した。

ことが明らかになったのは3月下旬。中国国営の新華社によると、河南省の出入国検査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

グローバルViews

自分か。自国か。世界か。世界各地の海外特派員が現地で起きる出来事を詳しく解説。世界の“いま”を読み解くコラム。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン