2018年8月18日(土)

8/18 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上海株大引け 5日続落、2年7カ月ぶり安値 中国ショック後安値に接近[有料会員限定]
  2. 2位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  3. 3位: トランプ氏「決算開示を半期に」 SECに研究指示
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 海運や機械に買い
  5. 5位: エヌビディア株下落、仮想通貨向けGPU売り上げ「ゼロ」の衝撃[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

投資番付

フォローする

下落率が大きいマザーズ上場銘柄 バイオ関連が上位に
日本株番付

2018/5/16 14:59
保存
共有
印刷
その他

 東証マザーズ指数の上値が重い。日経平均株価が年初来高値を付けた1月23日との比較では、マザーズ指数はなお15%安の水準に沈む。日経平均が5%安まで戻しているのとは対照的だ。下落率の大きいマザーズ上場銘柄を調べたところ、バイオ関連や上場して間もない銘柄が目立った。

 2位のそーせいグループと5位のナノキャリアは創薬ベンチャー。成長期待は高いものの、このところ「バイオ関連は新興市場で人気の中心から外れてきた」(いちよし証券の宇田川克己氏)ことで、散発的な売りを招いている。

 首位は人材派遣のみらいワークス。2017年12月の上場時は人手不足関連銘柄として人気を集めたが、PER(株価収益率)が150倍を超えるなど株価に過熱感が出たため、利益確定売りが続いている。

 新規株式公開(IPO)銘柄は「上場直後に人気化したあと、反動安になりやすい」(国内証券)。IPO銘柄では昨年12月に上場したイオレもランキングの8位に入った。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム