2018年9月25日(火)

プラットフォームと両面市場(7) シェアリングで固定費分担
依田高典 京都大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/5/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 前回説明したように、フリーミアム説は、コピーや流通にかかる限界費用がゼロの世界では価格競争の結果、デジタルコンテンツは無料になると唱えました。しかし、価値あるコンテンツを開発するには莫大な固定費用が必要で、限界費用がゼロだからといって、価格ゼロでは早晩、会社は倒産してしまいます。

 こうしたフリーミアムの反省を踏まえ、新しく登場したビジネスモデルがシェアリングエコノミーです。その代表例がウーバーテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報