2019年6月27日(木)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

Jリーグ前半戦、絶好調の広島に秘密はない
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/3ページ)
2018/5/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

Jリーグ1部(J1)は第14節を終えて12勝1分け1敗。勝ち点を37とし、3節を残して広島の「第1ステージ」優勝が決まった――。

ワールドカップによる約2カ月間の中断期間を前に、5月19、20両日で全34節中の15節までを終了する。開幕は2月23日。5月20日まで13の週末があり、そのうち3月下旬は日本代表の日程で使えなかったから、残り12の週末で15節。3回も「水曜試合」を使っての日程消化だった。

しかもこのほかにJ1の18クラブ中、4クラブはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、他の14クラブはルヴァンカップがあった。すなわち、大半のクラブが中断前に21試合をこなすことになる。近年にないハードスケジュールである。

広島、すでに昨季上回る勝ち点

こうしたなか、圧倒的な成績を残したのが広島だった。

昨年はかろうじてJ2降格を免れる15位に終わった。

城福監督(右端)が就任した今季、広島の快進撃は驚きだった=共同

城福監督(右端)が就任した今季、広島の快進撃は驚きだった=共同

今季に向けて、これまでに指揮を執ったFC東京と甲府では、甲府でのJ2優勝以外に目立った成績を残していない城福浩監督が就任。タイ代表FWティーラシンを獲得したとはいえ、MFミキッチ(湘南に移籍)らがチームを去り、戦力が上がったようには思えなかった。

しかしリーグが開幕すると、いきなり3連勝で首位に立った。第4節は磐田と0-0で引き分けたが、第5節から5連勝。FC東京戦での1-3の敗戦をはさんで第11節から4連勝の快進撃で勝ち点は37に。2位FC東京は勝ち点27。全34節の半分にあたる17節まで残り3試合を残した時点での勝ち点10差は、「2ステージ制」であれば「第1ステージ優勝」となる。ちなみに、広島が昨年1シーズンで得た総勝ち点は33だった。

では、今季の広島はどこが強いのか。

第14節までの試合結果を見ると、第6節までとそれ以後で少し変わってきていることに気づく。第6節までの5勝はすべて1点差であり、そのうち4勝が1-0だった。シュート数は例外なく対戦相手より少なかった。しかし第7節以降の7勝は、そのうち6勝が2点差であり、8戦のうち5戦で相手より多くのシュート数を記録しているのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
南米選手権のエクアドル戦でパスを出す久保建。フル代表でも堂々たるプレーぶりだった=ロイターロイター

 エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭 …続き (6/27)

エルサルバドル戦の前半、パスを出す冨安。3バックの果敢なプレーが目立った=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。
 3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる …続き (6/13)

3月のボリビア戦で森保監督の指示を受ける南野(左)。堂安らとともに、南米選手権の代表には入らなかった=共同共同

 5月23日、日本サッカー協会は6月に国内で行われる国際試合の「日本代表」27人のメンバーを発表、翌24日には、それに続いてブラジルで開催されるコパアメリカ(南米選手権)に出場する「日本代表」23人を …続き (5/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。