/

この記事は会員限定です

演出が生むリアル 浜口監督「寝ても覚めても」

カンヌ映画祭リポート(2)

[有料会員限定]

39歳の日本の新鋭は、まばゆいライトの下で堂々と客席の歓声に手を振って応えた。映画祭の会期中盤を迎えた14日夕、「寝ても覚めても」がコンペティション部門で上映された浜口竜介監督だ。初のカンヌ出品で、いきなりコンペ入りを成し遂げた。

「寝ても覚めても」は柴崎友香の同名小説が原作。うり二つの男性2人の間で揺れ動く女性を描く。大阪で暮らす朝子(唐田えりか)はある日出会った麦(東出昌大)と運命的な恋に落ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン