/

信金に強盗、1100万円奪う 東京・杉並

16日午前7時55分ごろ、東京都杉並区の西武信用金庫西荻窪支店に男が押し入り、男性支店長(50)をバールで殴って「金を出せ」と脅した。男は現金約1100万円を奪って逃走。警視庁荻窪署は強盗事件とみて男の行方を追うとともに、詳しい状況を調べている。

強盗被害に遭った西武信用金庫西荻窪支店(16日午前、東京都杉並区)

同署によると、男は30~40歳ぐらいで、身長は175~180センチ。ベージュの作業着の上下や白いヘルメット、黄色い腕章を身につけていたという。

同署や西武信金によると、支店長は頭や腕などを複数回殴られたが、軽傷とみられる。出勤時に支店の裏口の鍵を開けようとしたところ、突然男に殴られた。男は金庫にあった現金を奪って逃走。支店長は金庫内に押し込められたという。

現場はJR西荻窪駅から南に約100メートル。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン