/

サプライズなき23人 ブラジルW杯メンバー

サッカージャーナリスト 沢田啓明

「サッカー王国」ブラジルで、ワールドカップ(W杯)の登録メンバー発表は国民的な関心事だ。代表監督が記者会見を開き、選手一人ひとりの名前を読み上げ、1時間以上にわたってメディアからの質問に答える。この模様はテレビで全土に生中継され、国民は固唾をのんで見守る。自分のひいきチームの選手や好きな選手が選ばれたら飛び上がって喜び、思い描いていた選手が漏れると悲憤こう慨する。招集を期待する選手たちは家族、友人らとともにテレビ画面を見詰め、名前が呼ばれるとうれし涙を流しながら抱き合う。選ばれなかった選手とその家族らは悔し涙に暮れる。W杯という戦いへの招集状が、テレビ画面を通じて手渡される感がある。そして、この日以降、W杯への関心が一気に盛り上がる。

監督「このメンバーで戦う」

5月14日、ブラジル代表のチチ監督がW杯登録メンバー23人を発表した。この日は予備登録メンバー35人のリストを国際サッカー連盟(FIFA)に提出する期限で、最終登録メンバーの提出期限は31日なのだが、いきなりその23人を発表した。「故障者が出ない限りこのメンバーでW杯を戦う」(チチ監督)のである。

結論からいうと、サプライズはなかった。

8日のフランス杯決勝で右SBダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)が右膝の靱帯を損傷して全治約6カ月の診断を下され、招集外となることが11日に発表された。これまでDアウベスの控えだったダニーロ(マンチェスター・シティー)とファグネル(コリンチャンス)が招集された。

現時点のレギュラーは次のようになりそうだ。フォーメーションは4-1-4-1で、GKがアリソン(ローマ)、最終ラインが右からダニーロ、チアゴシウバ(パリSG)、ミランダ(インテル・ミラノ)、マルセロ(レアル・マドリード)、アンカーがカゼミロ(レアル・マドリード)、2列目が右からウィリアン(チェルシー)、パウリーニョ、コウチーニョ(ともにバルセロナ)、ネイマール(パリSG)で1トップがガブリエルジェズス(マンチェスター・シティー)。ただし、この布陣は対戦相手が人数をかけて守ってくることが予想される1次リーグ3試合の場合で、決勝トーナメント以降の強豪相手の試合では2列目のコウチーニョのところに守備力が高いフェルナンジーニョ(マンチェスター・シティー)が入り、コウチーニョは2列目右サイドに回るのではないか。

現在のブラジル代表は南米予選(全18戦だが、チチ監督就任以降は12試合)と7つの強化試合を経てほとんどのポジションでレギュラーと控えの一番手が固まっていた。未定だったのは第3GK、右SBの控え、CBの4番手、左SBの控え、ボランチの3番手、CFの3番手の6人。控えもしくは控えの控えという位置づけで、ここもおおむね順当に選ばれた。

アウベス離脱は大きな痛手

ただ、右SBの絶対的レギュラーだったアウベスが離脱したのは大きな痛手だ。35歳ながら抜群の運動量とスピードは健在で、代表通算107試合は現役選手では最多。世界最高の右SBの一人で、チチ監督就任後のほとんどの試合で先発しており、チームリーダーの一翼を担っていた。しかも、このポジションはやや手薄で、ダニーロは所属クラブでも控えで、ファグネルは4月末の試合で右太ももを痛めてリハビリ中。本来はCBだが右SBもこなせるマルキーニョスがこのポジションで起用される可能性もありそうだ。

このほか、エースのネイマールは2月下旬の試合で右足首を骨折して手術し、5月上旬から練習を始めたばかり。とはいえ、故障自体はサッカーではありふれたもので、後遺症の心配もない。試合勘が不足しているが、W杯までの練習試合で解消できるのではないか。

記者会見で、チチ監督は「ブラジルは優勝候補の一角に挙げられているが、それは外部からの評価にすぎない。しっかり準備して、万全の状態で大会に臨むことだけを考えている」と鋭い眼光で語った。

W杯直前のこの時期に監督が最も恐れるのが、主力選手の故障だろう。欧州の主要リーグは20日までに終了するが、欧州チャンピオンズリーグ決勝は26日に予定されており、ブラジル代表からはレアル・マドリードの左SBマルセロとボランチのカゼミロ、リバプールのFWフィルミノの3人が出場する。チチ監督は「これ以上、けが人が出ないように」と祈っているのではないか。

ブラジル代表は21日からリオ郊外で合宿を始め、28日にロンドンへ移動。6月3日にクロアチア代表、10日にオーストリア代表と練習試合を行った後、ロシアの西端ソチへ移動して17日からの1次リーグに備える。

過去、登録メンバー発表後に選手の故障により別の選手が追加招集されたことが幾度となくある。今回もまだ何が起こるかわからない。いよいよ、「最後の最後まで気が抜けない」(チチ監督)戦いが始まる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン