/

大型恐竜も「抱卵」か 円形に並べ、羽で守る

大型の恐竜でも、卵を押しつぶさないよう並べ方を工夫することで、自分で温める「抱卵」をしていた可能性があることが分かったと、名古屋大などの研究チームが16日付の英科学誌電子版に発表した。大型化していく恐竜の繁殖方法を知る上で重要な手掛かりになりそうだ。

巣で卵を温めるオビラプトロサウルス類の復元図=服部雅人氏提供・共同

チームが調べたのは、恐竜の中でも鳥に近い「オビラプトロサウルス類」。ダチョウと同じぐらいか、さらに小さい小型種では、卵の上に直接座って温める抱卵をしていたことが分かっていたが、体長8メートル、体重2トンにもなる大型種がどのように卵を温めていたのかは不明だった。

大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵)=名古屋大提供・共同

チームは、中国で見つかったオビラプトロサウルス類の卵や巣の化石計40点を分析。大型、小型にかかわらず、卵の殻にある気孔と呼ばれる小さい穴の数が少なく、抱卵する種の特徴を示していた。大型の卵の方が殻が薄く、もろい構造だったことも分かった。

巣の中に約30個の卵を円状に並べるのは共通していたが、小型のものは直径が数十センチで2~3層に重なって密集していたのに対し、大型のものは1層で、直径約2~3メートルの輪を描くように並べられていたという。

名古屋大博物館の田中康平特別研究員(古脊椎動物学)は「大型種は卵のない中心にうずくまり、羽毛が生えた腕を広げて直射日光や雨から卵を守り、温度や湿度を管理していたのではないか」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン