/

奈良・薬師寺管主が辞任 週刊誌で女性問題報道か

法相宗大本山、薬師寺(奈良市)は15日、住職に当たる村上太胤管主(71)が14日付で辞任したと明らかにした。寺側の説明によると、村上氏が女性問題について週刊誌の取材を受けたことが理由で、近く記事が掲載される見通しだという。

村上氏は「不徳の致すところで多くの方々の信頼を裏切り、深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

薬師寺によると、村上氏から14日に辞任の申し出があり、受理した。薬師寺での活動ができなくなる退山の届けも提出された。加藤朝胤執事長(68)が管主を代行する。

15日夜に記者会見した加藤氏は「不適切な女性関係について、週刊誌の取材を受けたとの報告が村上氏からあった」と説明した。

村上氏は岐阜県各務原市出身。副住職などを歴任し、2016年8月から管主を務めていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン