2018年5月22日(火)

社外取を過半数に、三菱UFJ 国際標準を意識

金融機関
2018/5/15 22:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はガバナンス改革を進める姿勢を鮮明にした。15日、社外取締役を過半数とする取締役会の新体制を公表。現在18人いる取締役のうち、社内の取締役を3人減らし、社外を8人、社内7人の計15人とする。それぞれの取締役は、6月の株主総会を経て就任する。海外で一般的なガバナンスに近づく大きな1歩になる。

 「取締役会は社外取の方を中心に運営している。形を実態に合わせ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報