2018年7月17日(火)

ウイスキー人気、足りぬ原酒 消える白州12年・響17年

サービス・食品
小売り・外食
2018/5/15 22:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 サントリーホールディングス傘下の蒸留酒メーカー、サントリースピリッツは国産ウイスキーの一部を販売休止する。対象は人気の高い「白州12年」と「響17年」。国内ウイスキー市場は10年前の2倍に拡大した。原酒が足りなくなるボトルネックによって、販売を続けられなくなった。

 サントリースピリッツが2011年に売り出したウイスキー「山崎50年」が18年1月、香港のオークションにかけられた。驚くべきはその落札…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報