2019年9月22日(日)

三十三FG、初年度の純利益592億円 負ののれん発生

2018/5/15 20:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三重銀行と第三銀行が経営統合して4月に発足した三十三フィナンシャルグループは15日、統合後初年度となる2019年3月期の連結純利益が592億円になる見通しだと発表した。経営統合に伴う負ののれん発生益520億円を計上、利益を大幅に押し上げる。18年3月期の両行単純合算の連結純利益は80億円だった。

19年3月期の本業のもうけを示す実質業務純益…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。