御園座の今期、黒字転換へ 新劇場の開業効果で

2018/5/15 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

御園座は15日、4月に開業した新劇場の初年度となる2019年3月期の最終損益が、2億5000万円の黒字(前期は9700万円の赤字)になる見通しだと発表した。黒字は2期ぶり。小笠原剛会長は記者会見で「課題も色々あるが、ひとまず順調に滑り出すことができた」と開業からの1カ月半を振り返った。

売上高は9倍の45億円、営業損益は3億3000万円の黒字(前期は1億3400万円の赤字)を見込む。新劇場の開…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]