2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,835億円
  • 東証2部 73,151億円
  • ジャスダック 86,214億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.97倍13.07倍
株式益回り7.70%7.64%
配当利回り1.96% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株2万3000円射程入り 「今期も増益」買い誘うか
編集委員 前田昌孝

2018/5/16 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京株式市場では日経平均株価が2月2日以来の2万3000円台回復を射程に収めている。15日は47円安と4日ぶりに反落したが、上場企業の決算発表では米国の法人減税の影響を除くと、今期も増益になるもようで、好業績株には買いが入る。米中の貿易摩擦もここにきて緩和の方向に動き、市場参加者に一定の安心感を与えている。相場格言では5月は株式を手放す好機と言われるが、今年は当てはまらないのかもしれない。

トラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム