最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

阪急阪神HD、前期営業益1%増 旅行・国際輸送伸びる

2018/5/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

阪急阪神ホールディングスが15日発表した2018年3月期の連結決算は、営業利益が前の期比1%増の1052億円だった。従来予想は微減の1040億円だったが、一転して増益となった。旅行事業や国際輸送事業が伸びたうえ、阪神タイガースの健闘でエンターテインメント事業も好調だった。

前期の売上高は3%増の7602億円と過去最高を更新した。一方で法人税の増加などで純利益は663億円と7%減だった。

19年3月期は、売上高が前期比4%増の7900億円、営業利益は5%増の1100億円を見込む。訪日外国人の増加や雇用環境の改善による定期券収入の増加を背景に、阪急電鉄、阪神電気鉄道ともに鉄道収入が増えそうだ。

不動産事業も大阪・梅田の賃貸ビルが堅調に推移しそう。大阪北部の国際文化公園都市「彩都」の用地売却があり、純利益は700億円と6%増を見込む。

設備投資額は1087億円と26%増やす計画だ。大阪・梅田駅前の阪神百貨店梅田本店と新阪急ビルの建て替え工事を進めるほか、宝塚ホテルの移転や鉄道車両の更新などに充てる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム