/

この記事は会員限定です

北越コーポレーション長岡工場 新素材の用途開発

(信越ビジネス最前線)

[有料会員限定]

北越コーポレーション(旧・北越紀州製紙)長岡工場(新潟県長岡市)は植物由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の用途開発に力を入れている。通常は液状の素材をスポンジやプラスチック状に加工し、それぞれの特性に合わせた商品開発を模索している。紙の需要減少が続く中、多くの商品開発を手がける同工場の強みを生かし、新素材を事業の柱に育てる。

JR長岡駅から車で10分ほど走ると長岡工場に着く。信濃川の豊富な水資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン