三菱商事、年1万戸分譲目指す フィリピンで

2018/5/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱商事はフィリピンで分譲住宅事業に本格参入する。現地の不動産大手と合弁会社を設け、戸建て住宅などを販売する。これまで海外の住宅開発は単発の計画が多かったが、経済成長で中間層が増えており継続的に取り組む。商社の調達力を生かして日本製の資材などを使い、安価で高品質な住宅を供給する。年間1万戸を販売する規模に育て、同国の分譲住宅市場で首位を目指す。

現地の不動産大手センチュリー・プロパティーズと月内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]